ENGLISH | 日本語
トップ>相談室>フェアウッド研究部会参加のお誘い

フェアウッド研究部会参加のお誘い

日本は国土のおよそ7割を森林におおわれているにもかかわらず、自給率は3割弱と、利用する木材資源の多くを海外の森林に依存しています。このような木材需要は、海外では違法伐採などで森に暮らす生きものや地域住民を脅かし、気候変動の促進にもつながっている一方、国内では山林の荒廃や林産業の衰退につながっています。


そもそも木材資源は、鉄やアルミニウム等の他の素材と比べ、生産・加工時のエネルギー消費が少ないことや、適切な森林管理によるものであれば、再生可能な素材という点で優れています。 このような状況を踏まえ、私たちは伐採地の森林環境と地域社会に配慮をする「フェアウッド」調達を日本に広めるため、消費者・需要者だけでなく、調達先の森林や生産者が、ともにWin-Winの関係を築いていくことを目指し、「フェアウッド研究部会」を立ち上げます。

【共通のゴール】

  • フェアウッド調達・利用普及による国内外の森林の保全
  • フェアウッド調達・利用が可能となるような川上・川下ビジネス環境の整備
  • フェアウッドのコンセプトに基づいた木材利用の推進進

  • FWPロゴ 【活動内容】
  • 国内外のフェアウッド調達情報の共有
  • 部会ごとの勉強会、現場視察、交流会などへの参加
     ・フェアウッドCSR部会
     ・フェアウッド調達部会
     ・フェアウッド商品開発部会
  • イベント(企業向けセミナー、一般向け野外イベント等)など共同事業への参加(任意)

  • 【対象者・会費】
  • 対象者:フェアウッドのコンセプトに賛同し、紙・木材製品等の購入・調達においてより良い選択・調達ができるような情報・手法を学びたい個人、企業団体等
  • 年会費:個人会員1,000円、法人会員1万円

  • 【事務局】
    フェアウッド・パートナーズ(国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム)

    【お問合せ】
    地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
    e-mail: info(a)fairwood.jp((a)を@に置き換えてください)
    TEL:03-5825-9735/FAX: 03-5825-9737

    【お申し込み】
    「フェアウッド研究部会申込書」(Word)をダウンロードの上、Eメール(info(a)fairwood.jp)またはFAX(03-5825-9737)でフェアウッド・パートナーズ/(地球・人間環境フォーラム内)までご送付ください。

    フェアウッド研究部会勉強会の開催

    NO 日時
    第1回(キックオフ) 2015年12月16日(水)
    第2回 2016年1月28日(木)
    第3回(拡大版) 2016年2月25日(木)
    第4回 2016年3月23日(水)
    第5回 2016年4月21日(木)
    第6回(特別版) 2016年5月26日(木)
    第7回 2016年6月30日(木)
    第8回 2016年7月27日(水)
    第9回 2016年8月31日(水)
    第10回 2016年9月29日(木)
    第11回 2016年11月21日(月)
    第12回 2016年12月21日(水)

    FW研究部会各種会合

    名称 日時
    第1回商品開発分科会 2016年9月7日(水)
    第2回商品開発分科会 2016年10月21日(金)
    調達分科会
    第1回 2016年10月18日(火)
    第2回 2016年11月9日(水)
    第3回 2017年1月17日(火)
    シンポジウム 2017年4月17日(月)
    ※フェアウッドとは

    伐採地の森林環境や地域社会に配慮した木材・木材製品です。具体的には①修理・再生した木製品(Reduce、Reuse)、②古材や廃材を再使用した製品(Recycle)、③違法伐採でない木材(合法木材)、④近くの森林から生産された木材(国産材や顔の見える木材)、⑤地域住民が自ら適切に森林管理をしている木材(コミュニティ材、フェアトレード)、⑥信頼できる第三者機関による森林認証を受けた木材(森林認証材)からなります。

    2009 FAIRWOOD PARTNERS All Rights Reserved.