Fair Wood 資料の見方TOP
五十音順検索 産地別検索 用途別検索 一覧表
主な原産地の話 トピックス お問い合わせ リンク
樹種詳細
北洋アカマツ、欧州アカマツ、ヨーロピアンレッドウッド
(学名:Pinus sylvestris /科目:マツ科 Pinus 属 )
産地
【分布地域】
シベリア、中央アジア。
 
【主要産地】
ロシア(北西部、シベリア)、中国
特徴
辺材は淡い黄白色〜淡い赤色、心材は淡い褐色〜赤褐色で、辺心材の境目はややはっきりしない。木理は通直、肌目は産地によって密〜粗まで幅があり(シベリア産のものは生長が遅いため細かい)、脂条(やにすじ)がかなり多い。国産のアカマツと比べ、やや軽軟で強度も劣るが、大径木が得られやすい利点がある。耐朽性は中程度。
用途
・建築(一般・建具・仮設)、電柱、箱
詳細数値
気乾
比重
収縮率(%) 強度(kg/cm²) 曲げ
ヤング
係数
保存性
柾目
方向
板目
方向
曲げ
強さ
圧縮
強さ
せん断
強さ
腐朽 摩耗
0.47 0.14 0.31 650 290

80

85 V
伐採地の状況

欧州アカマツは、ロシアのタイガ林を構成する主要な樹種であるが、東シベリアのイルクーツク州やクラスノヤルスク州以西に分布している。日本向け原木の主な生産地はイルクーツク州が中心で、バイカルアムール鉄道またはシベリア横断鉄道により日本海まで運ばれる。

この地域は、WWFの「グローバル200」に指定されている。また、WRIの「Intact Forest」にも未開拓の森林が残っている地域として示されており、保護価値の高い森林であるといえる。
違法伐採のリスクについては、森林管理行政が行き届いておらず、違法伐採の割合が5割に達するといわれており、注意が必要である。

また、商業伐採では数〜数十ha規模で皆伐されることが多い。比較的成長の早いアカマツだが、寒冷な気候のため伐採後の更新には長い年月を要する。また、伐採後も人為的原因による森林火災が多発しており、各地で森林劣化が著しい。森林資源の劣化により、伐採地が奥地・北部化する傾向にあるが、凍土上の森林が伐採されると泥湿地となって更新が困難になることもある。

生物種としての希少性については、IUCNの「レッドリスト」では「低リスク(LR/LC)」と評価されており、絶滅危惧リスクは無い。
日本までの輸送距離はおよそ4,000km程である。
耐朽性は「中」であり、通気性を確保すれば長期間の使用も可能である。北欧諸国に分布するアカマツと特徴は類似しているが、肌目がシベリア産のものに比べ細かい。建築一般に広く用いられている。

ロシア(シベリア)産の場合

サンプル

ロシア(北西部)産の場合

 

中国産の場合

最終更新日:2007/5/10
トップへ
© Fairwood Campaign. All Rights Reserved.