ENGLISH | 日本語

フェアウッド(FAIRWOOD)とは、
伐採地の森林環境や地域社会に配慮した木材・木材製品のこと。


フェアウッド・パートナーズでは、合法で持続可能な木材の情報をお届けし、
フェアウッドの調達や購入についての相談を受け付けています。

featured topics

フェアウッド研究部会参加のお誘い

私たちは伐採地の森林環境と地域社会に配慮をする「フェアウッド」調達を日本に広めるため、消費者・需要者だけでなく、調達先の森林や生産者が、ともにWin-Winの関係を築いていくことを目指し、「フェアウッド研究部会」を立ち上げます。
次回の開催予定:5/23(水)第27回 森林経営管理法案の課題とフェアウッド
▶ 6/20(水)第28回 IKEAの木材デューデリジェンス~責任ある調達のために

クリーンウッド法に対応する木材DDのための実践情報

2017年5月20日施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」)」に対応するのに望ましい木材DD(デューデリジェンス)を行うための実践的な情報をお届けします。
▶ 更新しました(2018.5.23) 国別リスク情報に「3.ルーマニア」を追加しました。

【開催終了:4/26公開セミナー】ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは?

近年、ゼロ・デフォレステーションやESG投資が注目されている中、欧州、米国、豪州など先進諸国に続き、日本も事業者にデューディリジェンス実施を奨励するクリーンウッド法を整備し、違法伐採木材等の流通を減じていくこととなりました。
本セミナーは、責任ある木材調達の重要な鍵となる「デューディリジェンス」に着目し、基本的な理解を深めることを目的とし、実施することの意義、重要性、そしてメリットについて考えます。

<プレスリリース>熱帯林の破壊及び人権侵害につながる疑いのある合板の使用について緊急の調査を要請 新国立競技場建設で

日本及び国際環境団体は本日、持続可能な2020 年東京オリンピックへのコミットメントに対する深刻な違反であるとして、東京の新国立競技場の建設における、悪評高いマレーシアの伐採企業であるシンヤン社製と考えられる熱帯材合板型枠の使用について緊急に調査するよう要請した。
▶ 一部訂正しました(2017.8.1)

world news
2018.5.23
クリーンウッド法に対応する木材DDのための実践情報を更新しました。
2018.5.10
第28回フェアウッド研究部会を掲載しました
2018.4.18
第27回フェアウッド研究部会を掲載しました
2018.3.30
世界のニュース第164号配信しました
2018.3.27
4/26開催 公開セミナー ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは?
2018.3.21
第26回フェアウッド研究部会を掲載しました
 


<本WEBサイトの立ち上げには国際熱帯木材機関(ITTO)プロジェクト資金を活用しました>


2018 FAIRWOOD PARTNERS All Rights Reserved.