Fair Wood 資料の見方TOP
五十音順検索 産地別検索 用途別検索 一覧表
主な原産地の話 トピックス お問い合わせ リンク
樹種詳細
エゾマツ、北洋エゾマツ
(学名:Picea jezoensis /科目:マツ科 Picea 属 )
産地
【分布地域】
シベリア、中国東北部、沿海州、サハリン、千島。
 
【主要産地】
ロシア
特徴
辺材は淡い黄白色、心材は淡い赤褐色で、辺心材の境目ははっきりしない。木理は通直、肌目もやや緻密で光沢がある。やわらかく軽いので、乾燥・加工が簡単で、表面の仕上がりも良好。耐朽性は小。
用途
・建築(一般・建具・仮設)、箱、器具、土木、船舶、車両、楽器、経木、パルプ
詳細数値
気乾
比重
収縮率(%) 強度(kg/cm²) 曲げ
ヤング
係数
保存性
柾目
方向
板目
方向
曲げ
強さ
圧縮
強さ
せん断
強さ
腐朽 摩耗
0.47 0.18 0.36 695 310 80 95 極小 W
伐採地の状況

主な生産地は極東ロシアの沿海地方からハバロフスク州の南部である。中国東北部にも分布しているが、天然林保護プログラムにより伐採が制限されており、中国もロシアから輸入している。ロシア沿海地方は、日本海をはさんで日本列島の対岸に位置し、ナラやタモの広葉樹とエゾマツ・トドマツの針葉樹が混交した冷温帯林である。年間降水量は千mm程度、植物の生育に適した環境であり、ヒョウ、トラ、クマなどの大型哺乳類も生息する生物多様性の高い森林生態系である。

この地域は、WWFの「グローバル200」やユネスコの「生物圏保護区(Biosphere Reserve)」に指定されている。また、WRIの「Intact Forest」にも未開拓の森林が残っている地域として示されており、極めて保護価値の高い森林であるといえる。
違法伐採のリスクについては、エゾマツの場合、組織的盗伐の対象となるような樹種ではないが、沿海地方では森林管理行政が行き届いておらず、違法伐採の割合が5割に達するといわれており、商業伐採においても許可量以上の伐採など、注意が必要である。

伐採は数〜数十ha規模で皆伐されることも多く、また伐採後は人為原因による森林火災も多発しており、森林劣化によりアムールトラなど貴重な野生動物への影響も懸念される。生物種としての希少性については、IUCNの「レッドリスト」では「低リスク(LR/LC)」と評価されており、絶滅危惧リスクは無い。日本までの輸送距離は1500km程度である。
耐朽性は「極小」であり通気性に十分な配慮をすることが必要である。建築一般、特に造作材等に用いられる。

サンプル
  最終更新日:2006/2/7
トップへ
© Fairwood Campaign. All Rights Reserved.