フェアウッド・パートナーズ
世界のニュース フェアウッド・パートナーズについて 過去のメルマガ記事など 資料室へ サイトマップへ リンクへ
フェア-な木材を使おう
フェアウッドワークショップ開催のお知らせ
熱帯合法性検証木材/森林認証材の利用拡大ワークショップ
〜熱帯林の保全と適正な利用の両立について考える〜

地球温暖化への関心の高まりとともに、炭素吸収源として再び注目されている熱帯林。一方で木材は適切に利用すればエコマテリアルで、熱帯林の「保全」と「利用」の両立は火急の課題です。

G8 をはじめ、国際社会が取組む違法伐採対策もその対策の一つで、日本でも 2006年のグリーン購入法の木材基準改正以降、業界団体による業者認定制度の確立、各企業による独自の木材調達方針策定や調達木材のトレーサビリティ確認などの取組みがみられるようになってきました。

本ワークショップでは、各企業のさらなる取組みとフェアウッド ( 環境・社会に配慮された木材 ) 製品の市場拡大を加速するために、多様な利害関係者 ( 国内消費企業、インドネシア、マレーシアの生産者、改善取組みを支援する第三者機関、両国の市民団体 ) を交えて、その問題意識、取組み進捗、課題を共有し、持続可能な熱帯林利用の実現に向けて、各自が今何をすべきなのか議論します。

是非、大勢の方々のご参加をお待ちしております。
 【開催日時
  7月29日(火) 10:30〜17:30 東京 終了
  7月31日(木) 10:30〜17:30 大阪 終了
 【開催会場
 〔東京会場〕 日仏会館 ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25 Tel:03-5424-1141
 >地図はこちら  http://www.mfjtokyo.or.jp/guide/guide_002.html
 〔大阪会場〕 大阪国際交流センター 小ホール
大阪市天王寺区上本町8-2-6 Tel:06-6772-5931
 >地図はこちら  http://www.ih-osaka.or.jp/i.house/900/map.html
 【資料代
 両会場とも 1,000円
 【内容(予定)】 (同時通訳あり)
第1部 生産国の環境・社会リスク評価報告 (10:30〜11:50)
 (1)プロジェクト紹介&成果報告&配布資料の活用法
   三柴淳一(FoE Japan 森林担当)
 (2)環境&社会リスク調査報告
   インドネシア:
    Farid Wajdi氏(森林NGO Forest Watch Indonesia プロジェクトコーディネーター)
   マレーシア:
    Lim Tze Tshen氏(コンサルタント RESCU 研究員)
昼食休憩(11:50〜13:10)
第2部 持続可能な森林管理・経営に向けて〜パネル(合単板)利用の側面から
(13:10〜15:35)

 (1)住宅メーカーの調達方針策定に伴う調達木材の見直し
   佐々木正顕氏(積水ハウス(株) 環境推進部企画グループ チーフ課長)
 (2)森林認証取得による持続可能な森林経営へ
   Astrik Mursatio Budi氏(スマリンド社 副代表)
 (3)グリーン購入法に対応した合法木材供給体制
   Daud Tampokong氏
   (ヤヤサン・サバ社 森林部門グループゼネラルマネージャー)
 (4)段階的アプローチによる森林管理改善支援
   Hartono Adi Prabowo氏(熱帯林トラスト(TFT)インドネシア 代表)
 (5)市民から見たマレーシアの森林管理の現状
   Thomas Jalong Apoi氏(環境NGO CICOM 代表)
 (6)パネルディスカッション&フロアからの質問
   [パネラー]:
   ・佐々木正顕氏(積水ハウス(株) 環境推進部企画グループ チーフ課長)
   ・本間健郎氏(住友林業(株) 山林環境本部 環境経営部 チームマネージャー)
   ・Astrik Mursatio Budi氏(スマリンド社 副代表)
   ・Daud Tampokong氏(ヤヤサン・サバ社 森林部門グループゼネラルマネージャー)
   ・Hartono Adi Prabowo氏(熱帯林トラスト(TFT)インドネシア 代表)
   [コーディネーター]
    坂本有希((財)地球人間環境フォーラム 企画調査部次長)
休憩(10分)

  第3部

コミュニティレベルでの森林経営の取り組み〜家具・デッキ材利用の側面から
(15:45〜17:30)

 (1)コミュニティ森林の林産物認証〜課題と展望
   Henry Scheyvens氏((財)地球環境戦略研究機関 森林保全プロジェクト研究員)
 (2)グヌンキドゥルでの取組み紹介〜LEI認証
   Ronald Muh Ferdaus氏(環境NGO ARUPA 代表)
 (3)スラウェシでの取組み紹介〜FSC認証
   Hartono Adi Prabowo氏(熱帯林トラスト(TFT)インドネシア 代表)
 (4)パネルディスカッション&フロアからの質問
   [パネラー]:
   ・大山典保氏(テラス社 代表取締役)
   ・Henry Scheyvens氏((財)地球環境戦略研究機関 森林保全プロジェクト研究員)
   ・Ronald Muh Ferdaus氏(環境NGO ARUPA 代表)
   ・Hartono Adi Prabowo氏(熱帯林トラスト(TFT)インドネシア 代表)
   ・Lim Tze Tshen氏(RESCU 研究員)
   [コーディネーター]
    中澤健一(FoE Japan 理事)
※内容は第2部、第3部のパネルディスカッションを除き、両会場とも同じです。

 【お申し込み・お問合せ
 〔お申込み〕 (1)申し込みフォームからお申し込み下さい(推奨)。 >>こちら

         (2)件名に<熱帯材ワークショップ参加申込>とご記入の上、E-mail(info@fairwood.jp)
          またはファックス(03-6907-7219)で以下申込内容をご送付ください。
            ・参加希望日(東京(7/29)、大阪(7/31)、両方)
            ・氏名:
            ・企業名・団体名・学校名:
            ・部署:
            ・電話番号:
            ・FAX番号:
            ・E-mail(携帯メール不可):
    ※お申し込みをいただいた方には開催日前までに参加証をお送りいたします。

 〔問合せ〕  FoE Japan 中澤/三柴 info@fairwood.jp
          TEL:03-6907-7217 / FAX:03-6907-7219
        地球・人間環境フォーラム 坂本/根津
          TEL:03-3813-9735 / FAX:03-3813-9737
        熱帯林行動ネットワーク 藤原
          TEL:03-5269-5097
 【主催
国際環境NGO FoE Japan 地球・人間環境フォーラム 熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
 【共催
 地球環境戦略研究機関(IGES)
 【後援
 国際熱帯木材機関(ITTO)、林野庁、外務省、環境省、経済産業省
 【協力
全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会、(社)全国木材組合連合会、(中)全国木材検査・研究協会、(社)日本家具工業連合会、(社)日本建設業団体連合会、日本合板工業組合連合会、(社)日本木造住宅産業協会、日本木材輸入協会
※ 本ワークショップは、国際熱帯木材機関(ITTO)及び(独)環境再生保全機構 地球環境基金の支援を受け開催いたします。
(c) 2002 FoE Japan.  All RIghts Reserved.